オリコの過払いのことを改めて考えてみる

subpage01

消費者金融に払いすぎていた利息を返して貰う交渉のことを、過払い金の返還請求と呼んでいます。

消費者金融が設定していた金利の上限が利息制限法を超えていたために生じた問題であり、支払いを続けていた側に特別な落ち度があったわけでは無い様です。
長期間にわたって返済を続けてきた利用者の中には、過払いの総額が1000万円を超えている人も少なくありません。

元本が100万円を超えるような場合には、利息制限法の上限は15パーセントとなっています。

大手の消費者金融は年利29パーセントで貸付を行なっていたために、利息として払っていた約半分が過払いにあたるわけです。100万円の借金に対して年間29万円の返済を行なったうちの14万円が戻ってくるわけですから、元本がもっと大きくて長期間利用していたような場合には、1000万円を超えたとしても不思議ではないのです。

こういった大きな額が返還されることが報道されるようになると、一部には自己責任論を唱えるとともに、何かずるいことをしているかのようにイメージをする人を見かけたりもします。

しかし過払いの返還請求自体は、利用者にとって正当な権利であることは示さなければならないでしょう。

1000万円以上のお金が返還されたことにより借金を完済した上に手元にもかなりのお金が残るケースもあるようですが、戻ってくるお金の倍以上のお金を支払ってきたのが事実であり、全く得をしているわけではありません。
お金が戻ってきたといっても過ぎた時間は戻っては来ませんし、何かメリットがあったわけではないのです。

過払い請求を要求している人たちは、金融機関の利用の仕方を間違えていたという批判は当たりますが、騙してお金を要求しているわけではなく正当な権利であり、放置しておくほうが問題であると言えます。


消費者金融は29パーセント以上の利息を設定していた時代がありました。これは、利息制限法の上限を超えた数値であったのですが、利用者との合意ができている場合には合法であると判断されていたために、利用者は29パーセント以上の利息で返済を続けていました。
利息制限法の上限を超えて設定されていた金利のことをグレーゾーン金利と呼んでいました。


しかし現在では、グレーゾーン金利は違法であるという判断をされたために、利用者は消費者金融に対して、払いすぎていた利息の返還の請求を行う事ができるようになりました。
これを過払いの返還請求と呼ばれています。
利息制限法の上限は、元本が100万円の場合には15パーセントとなっています。以前の消費者金融が設定していた利率の約半分であり、過払いの返還請求を行うことで払っていたうちの約半分のお金が戻ってくることになるのです。

人によっては1000万円以上のお金が過払いとして返ってくるケースもあり、それによって借金を全て完済した上で手元にもお金が残るという事は珍しくありません。


過払いの返還請求を行うことで生じるデメリットと言えば、以前はブラックリストに事故情報として載ってしまうことが挙げられていましたが、現在ではブラックリストには載らないという事が正式に発表されたために、大きなデメリットは何もありません。過払いの返還請求を行う為には、事前に司法書士や弁護士に相談をしたほうが良いでしょう。利用年数や払ってきた総額を計算しなくてはいけない上に、消費者金融と交渉する必要があるからです。

全て自分で処理することができる能力を持っている場合には必要ありませんが、専門家の能力を利用することによって成功する確率は高くなるということは間違いありません。過払いの返還請求を行う事は利用者にとっての正当な権利であり、それを行うことは何の問題もありません。
しかし正しいからといってお金が戻ってくるわけではないので、専門家の力を借りるという手も考えられるのです。

埼玉の保険代理店情報を探しましょう。

効率がいい埼玉の保険代理店情報を集めました。







http://www.47news.jp/smp/topics/entertainment/oricon/economy_trend/203759.html

http://okwave.jp/qa/q2072894.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6141636.html

関連リンク

subpage02














エポスの過払いに関する正しい判断

消費者金融は年利29パーセント以上の利率を設定していましたが、利息制限法の上限を超えていました。当時の見解では、グレーゾーン金利として違法にはあたらないとされていましたが、現在では利息制限法を超えた分については、利用者が払いすぎていた利息とみなされることとなり、消費者金融に対して返還を請求することができるようになりました。...

NEXT
subpage03














CFJ過払い情報をチェック

消費者金融に対して払っていた利息のうちで、利息制限法の上限を超えた分に関しては、返還を請求することができるようになりました。利息制限法の上限は、元本が100万円の場合には15パーセントとなっています。...

NEXT